【二郎&三郎】Respect each Brother【CD感想】




この記事は約8分で読めます。

BB & MTC+第1巻(限定版)についている

特典CDの楽曲とドラマパート感想。

 

Respect each Brother

再生時間 04:00

 

正直、前作(BB‘s City)が良すぎていまいち感想が出てこなかったけど、

そういうことを含め、些細なことでも書いておこうかと。

 

まず一通り聞いて思ったのは

三郎のソロパートがぶりっ子すぎて、何事かと。

後半のハモってるところもやたら高いし。

SHOWDOWNに続いてキャラの声が気になった楽曲だった。

 

「この曲を平仮名一言で表すと?」

ってヒプ生で聞かれた石谷と天崎が

揃って「り」と回答してた。

 

なるほど、Respectの「リ」ね。

てっきり曲中でリリリリ連呼するのかと。

 

BB‘s Cityとは対照的に

合いの手入れたり、一緒に歌ったり

相手の存在を認めてる曲だった。

 

こういう雰囲気もいいとは思うけど

やっぱ個人的には物足りなさを感じた。

 

Respect each other

再生時間:17:00

 

この世で一番尊いもの、

それは兄弟喧嘩。

 

本当、兄弟っていいなあ…大好きだなあ…

兄弟が言い争ってると胸いっぱいになる。

 

そしてこの兄弟アホやな?

二郎に借りを返すために宿題をやっちゃうのは、

三郎にしては率直というか軽率というか。

一郎に借りを返すときは口座に1億振り込みそうな単純さがあった。

 

山田家の三男は

夜中に次男の寝室に忍び込んだことがある、は現実。

 

二郎は二郎で足らん知能。

体育祭に弟(14)の代わりに出る兄(17)

やっぱバカはやることが違うな!

アホの子がアホなことやってるとニコニコしちゃう。

 

ドラマパートに一郎が出てきたのは

嬉しいような、悲しいような

 

めちゃくちゃ贅沢&ワガママなのを承知で書くけど、

これは二郎&三郎CDであってバスブロCDではないんだぞっていう抵抗心が。

 

登場時間が少ない&家に居ない方が不自然なのはわかってるけど

二郎&三郎って一郎がいないと話が盛り上がらないのかな…

というキャラの力不足さを感じてしまった。

 

ってモヤモヤしながら聞いてたら最後の役割に脱帽。

家庭教師一郎、スポーツ助っ人一郎。

ここ、実際に再現されてたら危なかった。

あまりにメインディッシュすぎる…

 

コミュ障あるある

二郎&三郎ってよく「声が小さくて聞こえねー!」ってやり取り多いけど、

今回の二郎の「聞こえねー!」一番怖かった…

自分も声が小さくてよく人から聞き返されるから、このセリフ聞くとビクッとする。

 

9/22(水)発売『ヒプノシスマイク -Division Rap Battle- side B.B & M.T.C+』第1巻PV

 

 

ヒプノシスマイク
シェアする

YouTube本編だけじゃ物足りない人用リスト


▼2024/02/22発売
ふみや&理解&テラの楽曲&ラジオ

▼2023/12/06発売
猿川&天彦の楽曲&ドラマ

▼2023/09/20発売
依央利&大瀬の楽曲&ドラマ

▼2022/09/21発売

カリスマブレイクした7人の会話

あくるんるん