【幻太郎&帝統】奇術館の殺人【CD感想】




この記事は約4分で読めます。

F.P & M+第1巻(限定版)についている

特典CDの楽曲とドラマパート感想。

奇術館の殺人

再生時間 04:07

 

物語形式おもしろい!

 

新しい曲が出るとまず歌詞カードを見ないで一通り聞くんだけど(先の歌詞を見たくない)

この曲は特に見なくて良かったなという印象。

幻太郎が謎を解く曲だから、声だけ聞いて時系列やトリックを頭の中で考えて…

大体のストーリーを理解できたのちに歌詞カードを見る。

そしたら、その歌詞カードにも秘密が隠されてて…

はーーーーーーーー

まじでため息しか出ない。

濃厚すぎる。

些細な仕掛けだけど、遊び心が嬉しい。

 

「ウソつきは ネタがバレて…」も聞いてるだけじゃよく分からなかったけど

文字で見ると(トリックがわかると)こういうことか!?って閃いて面白い。

 

後半の幻太郎が推理して帝統が「何ぃ!?」「クソッ!」って被せ気味に入ってくるのがなんか好き。

 

幻太郎、帝統のアフレコ体験記!

再生時間 14:35

 

帝統まじ愉快キャラすぎるでしょう。

 

タイトル通り幻太郎と帝統が奇術館の殺人のアフレコをする話なんだけど、

帝統が1人で何かやってても面白いし、

幻太郎に振り回されてるのも面白いし。

なんかもーーずるい。

 

楽曲もドラマパートもめちゃくちゃ面白かった。

 

帝統が自分の好きな作品の声優に出会った途端に「あの声の人ですか!?」って反応するのが非オタっぽくて眩しい…(偏見)

オタクは声優のすべての声を把握しているから本人を前にしてそんなはこと言わない(偏見)

 

 

ヒプノシスマイク
シェアする

YouTube本編だけじゃ物足りない人用リスト


▼2024/02/22発売
ふみや&理解&テラの楽曲&ラジオ

▼2023/12/06発売
猿川&天彦の楽曲&ドラマ

▼2023/09/20発売
依央利&大瀬の楽曲&ドラマ

▼2022/09/21発売

カリスマブレイクした7人の会話

あくるんるん