【依央利&大瀬】ねんねむりんりん感想【楽曲&ドラマパート】




この記事は約11分で読めます。

「カリスマな彼らはカリスマハウスで仮住まい中〜」第1巻(限定版)買ってきた。

 

アニメイトで「1冊も入荷してない」って言われた。

こっちはカリスマですよ?カリスマ。

キャパ4000の人気ジャンルやぞ。

4000冊入荷せんか。

結局ふつうの本屋で買った。ポコポコりんりん

 

収録トラック

M-1 ねんねむりんりん(03:35)

M-2 眠り歌(04:50)

 

先にドラマパートを聞いてから楽曲を聞いた方が良さげ。

その方がドラマパートの終わりと曲が繋がってるように感じる。

 

ねんねむりんりん

ふたりとも難しい言葉を使うから自分用メモ

アニュス・デイ…聖歌の一つ。「神の小羊」という意味

笞罪(ちざい)…罪を犯した者の身体を笞(むち)で打つ体刑

自裁(じさい)…自決

 

妖精が歌ってんのか?ってくらい可愛い。

「ねんねむにゃむにゃ」はさすがに有罪判決。

 

カリスマサミットで見た時は大きな振り付けと演劇みたいな歌い方が印象的でディズ二ーみたいだなって思った。

CD再生したらビックリ。僅かにノイズが入ってる?

読み古された絵本とか童話の世界みたい。

 

この二人の「どっちが下か争い」が自分のオタク人生の中で前例がなくて、二人がキレながら「おやすみ!!」を言い合うところ、カリスマ独特の世界観で好きすぎる。

 

眠り歌

脚本は松原秀。

眠れない夜に2人がだべってるだけ。

特に大きな出来事が起きるでもなく静かに会話してる。

「ねんねむりんりん」が2人で作った楽曲なのか、2人が見てる夢なのか、曖昧な感じで終わるのが良かった。

 

【追記】↓の動画でどっちだったのか判明した。

『カリスマ〜カリスマな彼らはカリスマハウスで仮住まい中〜』待望の①巻の通常版&CD付き限定版が発売!服従のカリスマ・本橋依央利(CV:福原かつみ)による①巻紹介PV公開中

 

 

カリスマ
シェアする

YouTube本編だけじゃ物足りない人用リスト


▼2024/02/22発売
ふみや&理解&テラの楽曲&ラジオ

▼2023/12/06発売
猿川&天彦の楽曲&ドラマ

▼2023/09/20発売
依央利&大瀬の楽曲&ドラマ

▼2022/09/21発売

カリスマブレイクした7人の会話

あくるんるん